TWINSのブログ

2歳男の子双子の母です(`・⊝・´) 幸せすぎて次も双子を授かりたいと願い✨ 双子のこと、感じたこと、色んなことを書いてみます(*´u`*)

育休から復帰したら子会社へ

育休中、そろそろ仕事復帰するという頃に会社から連絡がありました。

「子会社で女性が1人産休・育休を取るからその代理としてそこへ行って欲しいと言ったら、どお?参考にしたいから教えて」

「出来れば慣れた場所で、今までと同じ本社で働きたいです」

 

とてもびっくりしました。

復帰の際はどこの部所に行くかなー。と考えていましたが、まさか子会社へ行く事になるなんて考えてもいなかったからです。

想定外すぎる

 

でもまだ【参考】だから、大丈夫かな。と思っていましたが、

後日また連絡があり、

「復帰後は子会社へ行って、産休育休の女性が復帰するまでそこで働いて」

「え。決まりなんですか?」

「決まりました。」

まじかーーーー。片道切符の島流し ←半沢直樹

 

その子会社は大大大好きな部長(子会社のほぼトップ)がいるので嬉しいですが、嫌いな人も2人居て、すごく悩みました。

 

嫌がらせで私を辞めさせようとしているのかな。

もっと家から近い場所で新たな就職先を探そうか。

 

すごく悩みましたが、子会社へ行く事を決めました。

仕事復帰する前に子会社へ、子供を連れて挨拶に行きました。

 

すると大大大好きな部長が、子供のお菓子を二人分たくさん買って待っていてくれました。

「よく分からないからスーパーの店員さんに聞いて適当に買った」

わざわざありがとうございます (´;Д;`)

子供が大好きな人なので双子を見て「まぁぁ~~~~(*´◒`*)♡」とめっちゃ喜んでいる。

※部長はオカマ口調の男性です※

 

「時短なので皆さんにご迷惑をお掛けすることになるんですが…」と言っている所にかぶせ気味で

「あーはいはい、それより〇〇が××で…」とすぐ違う話しに変わりました。

 

ん?時短の事全然気にしてない (((ʘ ʘ;)))

もし本社なら誰かがブラックジョークでちくりと言ってくる所です…。

 

会社と会社駐車場が徒歩5~8分?程離れているため、

「遠くから通ってるんだし遅刻しそうになったら、駐車場より先に会社にタイムカード押しに来ちゃえばいいじゃない」

「もし遅刻するようならその何分かを長く働いて帳消しにしちゃえばいいじゃない」

「通勤で急いで事故をしないように」

等々…たくさん私を想ってくれることを言ってくれました。

 

この挨拶に行ったことで私の心のモヤが晴れました。

やっぱり部長、昔から変わらない、本当に優しい。部長とまた一緒に働ける(元々本社にいた)だけで幸せ!!!

ここでしっかり働こう!と思いました。

 

そして働いてみて。  本社より居心地がよかった。

部長を筆頭に皆いい人ばっかり。多分部長のパワーだと思う。

 

双子の体調不良で早退したり休んだりたくさんしました。

私も一緒に体調悪くなって咳き込んでいたら「風邪薬あるよ」と会社に置いてある薬を持って来てくれる人もいるし、

早退や休み明けに会社へ出勤する時は、皆に迷惑をかけて申し訳ない気持ちでしたが「子供大丈夫だった?大変だったね。逆にお母さんが体調崩さんように無理しないように」と毎回課長が声をかけてくれる。

他の人も「大変だったね」と声をかけてくれる。

この言葉で心が本当に楽になります。ありがたい。

 

そして仕事復帰してすぐに、育ててくれたおばあちゃんが亡くなって。

お葬式やらでまた休んで。

部長は「お通夜やお葬式の流れとか大丈夫なの?分からない事があればなんでも聞きなさいよ」と気遣ってくれるし、

出社するとこれまた課長が「大丈夫?」と優しく声をかけてくれる。

皆の優しさに毎日涙をこらえていました。

 

でも、このくっそ忙しいのに休みすぎて申し訳なさすぎて、ある日社員全員に差し入れを買って行きました。

すると部長は「全員分も買って!そんなにお金使ったら何の為に働いてるのか分からないじゃない」(人数30人位金額は4~5千円位)

 

課長は「もうね、いいんよ。持ちつ持たれつで皆やってるんだから、そんなに気にすることは無いよ」

 

おばちゃんは「もういいのにー!子供が居たらそれくらい休むわー!本当に何も気にしなくて大丈夫だから…でも、お菓子食べれて嬉しいけどね😉♡」

 

とか。優しさの嵐

 

課長はとても話が長いのです。

人にお説教する時もながいなーーと思っていたのに、優しい言葉をかけてくれる時も長くて。つらつらと「大丈夫なんよ」と優しく言われて我慢できずに泣いてしまいました。

 

結局この子会社で9か月働きました。

短い期間でしたがここで働けて本当に良かったです。

皆さんに本当に感謝しています。